septiembreokbj’s blog

記録と備忘録、および手掛かり。

9/22 エンドウ豆の上に寝たお姫さま

ご存じの方も多いが、エンドウ豆の上に寝たお姫さま というお話がある。

エンドウ豆の上に寝たお姫さま - Wikipedia

 

割と顰蹙を買っているらしく、上掲wikipediaにも

本作品は刊行直後にはよい評価を得ることができなかった 

 

また、ある雑誌に載った批評では「品がないばかりでなく、高貴な女性はすべてこのように過敏であるという誤った印象を子どもに与えてしまう」と評された。 

 

とあるし、ドイツの人が書いた記事によれば今なおFuckな人の代名詞である模様。

ja.myecom.net

このエピソードから、どんな小さい豆でも邪魔に感じる人は「Eine Prinzessin auf der Erbse sein」と言われます。すなわち、どれだけ良いものがあっても文句ばっかり言っている人に対する呼び方です。 

 

 

 

なるほど。邪魔かどうかは主観だよね。でも邪魔ではなくて、違いとか、違和感というものならどうなのだろう。違いが判ってしまう人はみんなFuckerと呼ばれなくてはならないのか?判ってても黙ってろということなのか。それとも判るということ自体が悪なのか。はたまた主張の仕方を問われてるのか(相手の気持ちを慮れ、と)。
主張の仕方を問題にしているなら判る。でもそれって、その口の利き方は無いダロ、という話であってエンドウ豆姫が引きあいに出される筋合いじゃない。なあ、そうだろ、ドイツの人よ。やはり判るということ自体に関わる問題が横たわっているとしか思えないのだ。でも繰り返すけど、判る、判ってしまう、ということは不可避なのであって、判んない人が何を言おうと、判ってしまった こと 自体は変わらないのだ。

 

こんな話がある。
二階のある部屋のフローリングが最近たわむ気がする。経年変化による範囲を超えて、もう少し余計に沈み込むような、踏み込んだ足にかける体重に応じて床にねじれが生じるような。家族の中で一人だけ、そんな違和感を覚えている男がいた。残りの家族は、古い家なんだからそんなものだ、とか、もう十年も前から同じ感じだ、等と言って、男の細かさ(細かさと繊細さは違うと思うのだが)故の錯覚にしようとする。男としては非常に心外で、なぜこれが判らないのかと繰り返し主張をするのだけれど、気のせい、気にしすぎと反論されてしまう。そのうちに家族が一人減り、老後の始末を前倒しに行うべく家の大規模リフォームを行うことになり、その機を捉えた男は二階の床下の確認をリフォームの一環に潜り込ませることにする。
果たせるかな、男が主張していた違和感には原因が存在した。梁にシロアリがついており、一旦床を全部落として総取っ替えを行わなければならない事が確認されたのだ。補修のために床が無くなり階下が丸見えになっている部屋を見つめて、男が思い出したことはエンドウ豆姫のことだった。判るんだから仕方ないじゃないか。

もちろん男はワタシの事であって、結局全ての床をめくることになり、その時点のシロアリ被害は局所的だということが確認できたのだけど、自分の違和感を棚上げにして、フローリングの床下確認を先送りにしていたらどうなっていたのか。何があったのか、考えるだに恐ろしい。

 

今日の結論は、こうだ。
伝え方は考えなきゃならないにせよ、判ってしまうのは仕方がないし、判ってしまうという事を持って非難されるのはお門違いだ。判ったことを伝えるのが文句に聞こえるってのはどうにも納得がいかない。エンドウ豆姫も大きなお世話だと思っているだろうし、ワタシも勿論そう思っている。

 

9/21 日常生活から生ずるとりとめの無い雑感(仕事編)

仕事と家の大規模リフォーム、そしてリフォームに伴う不用品整理ならびに使用頻度の低い物のパッキングおよび宅内外への移動ですっかり時間が溶けてしまっていて、なんにも書けておりません。最近の仕事が作文ばっかりなのがクラッシュに輪を掛けてます。役所向けとか、次期中期計画向けとか、その他の面倒な作文ばっかりで、心安らぐファンシー(!!)なBLOGを書こうにも、作文をする力が全部吸い取られてしまってて、全く筆が進みません。...最近Apple Pencilなのでマジで筆の場合があるのです。

とはいえ、BLOG書かないとシンデンノカと言われそうなので、何かは書いときましょう。そうなるとネタは必然的に仕事かリフォーム関連ですな。ということで今回は仕事関連で「驚いたなあ、もう」というネタを。


最近の仕事の1つとして、自社のビジネスプロセス管理(Business Process Management)の各種規定の改訂というのがある。たたき上げの中小企業であるところの弊社においては、各ビジネス部門が長期どころか中期の視点も怪しいまま目先の事象に過剰反応してみたり、逆に評価して意志決定に反映すべき事柄をばっさりつかみ損ねていたり等々の問題が出ており(ま、標準的な中小企業ですね)、これから経営環境が厳しくなると予測される業種であるので、生き残りのための体質改善を図ろうとまずBPMの改訂作業を行うことになったのだった。
と言っても、いきなり怪しいセオリー(それってセオリーなの?形容矛盾だ)を適用しようとか、そんな冒険主義的(と書いてバカと読む。分析無しに特定のセオリーの適用を主張し始めるバカはどうにかなってしまえば良いのだ)な事をやるわけじゃない。今現在の計画の立て方や統制手順を紐解いてドキュメント化し(そう、アンドキュメンテッドな箇所があるのよ...)、実際の計画・統制の実施状況をまとめ(計画の実施状況じゃなくて、計画行為の実施状況ね)、現状発生している事業遂行上の問題の原因となる箇所を求め、それらを埋める方途を検討し、その方途に基づき実施する期末評価の手順説明資料を作成し...等々を、経営ってメタプログラミングかもなあと思いつつマジメにやる。で今回のネタである「驚いたなあ、もう」は、ビジネス部門の実際のオペレーションと、各種の計画と整合させるための統制の考え方をどうしようかねえというところに登場してくるのだった。


世の中にはOODAという考え方がある。

OODAループ - Wikipedia

 

大づかみに言えば、OODAとは機略戦という作戦術(作戦レベルの統制技法)の中核理論。弊社の社風はゆるーいのがウリなので、オペレーション(ってのは正に作戦ですな。「作戦」とは、戦略や戦術を実施すること=Operationです)の統制の一手法として社内展開してもいいなあと常々思っており、この機にどこかのビジネスユニットにやらせてみようかと考えたのが時空の裂け目を覗くきっかけだった。

OODAが如何に素晴らしいかを説くサイトは、すぐに幾つも見つかる。

 

www.fujitsu.com

dentsu-ho.com

あと、そういう大人に騙されている頭の弱い若人も。

 

studyhacker.net

これらに共通する論旨は「PDCAはもう古い。これからはOODAだ」。眩暈がする。上に書いた通りで、OODAは作戦術の一部をなす理論であって、戦略やその上位の計画の直接の理論ではないのだ。作戦術を最上位にして経営をするの?アタマ悪すぎ。何が悪いかというと、①これでセミナとかコンサルの商売ができる(だませる)と思っちゃうところであるし、②偉そうな人が言ってるから良いことなんだと信じちゃうところ。マジでアタマ悪い。電通の奴が書いてる変なKPIを設定してPDCAがダメなパターンって、頭を使ってないだけじゃない。OODAになったら頭を使うの?ツールが変わったら頭が良くなるの?そんな訳ないでしょ。
そこに第三のパターンが加わってくる。PDCAとOODAは使い分けをすべきとか言ってるサイトが結構みつかる。ちょっとひねって考えられるワタクシって感じが鼻についてゲンナリする。③場合に応じて使い分けるのが大事ですね、とかもっともらしく書いといて、その場合に関する説明が無いのばっかり。使い分けじゃなくて担当する階層が違うのだということが理解できてないのが丸わかり。アレ過ぎる。

 

等々、調べれば調べるほどOODAという言葉を使うのはやばすぎる(社内に要らぬ誤解をはびこらせてしまう)事が判り、クラーイ気持ちになっていたところに、件の時空の裂け目に出会ったのであった。
引っ張る?いやいや、そのくらいの価値がある物件なのだ。

 

iandco.jp

最初は①なのかな、と思った。でも良く見るとスゴイ事が書いてある。

実践で使われる光速OODAループ

lightspeed、だと?
これは異次元かも、とサイトを子細に眺めるとスゴイのがザクザク出てくる。

 

iandco.jp

第五世代OODAループ?
たしかに以下のサイトにあるように、F-35にはNew OODA Loopが載っているのだそうだ。

The F-35's New OODA Loop | U.S. Naval Institute

One of the primary design elements of the F-35 was executing a fifth-generation version of John Boyd’s well-known Observe-Orient-Decide-Act (OODA) loop. 2 This fifth-generation OODA loop uses information as its key attribute, while taking into account current technology and tactics, which have changed greatly since Boyd helped shape the design of the F-16 in the 1970s. Using this updated paradigm to shape the next generation of fighters yielded an F-35 designed around information flow, rather than dogfighting, as fourth-generation fighters such as the F-16 and F/A-18 were. 

 うん、うん、そうだね、そこにはウソはないね。
でもね、

第4世代から第5世代 経営戦略へ

今日の経営は、スピードと機動性を実現した第4世代OODAによる自律分散型の経営戦略から、第5世代OODAの概念に基づく環境変化への適応力を備えた経営戦略の遂行の段階に来ています。
第4世代 経営戦略:
第4世代経営戦略とは、スピードと機動性を重視した自律分散型の経営を遂行する戦略です。
第5世代 経営戦略:
第5世代の経営戦略の特徴は、敵を圧倒するスピードと想定外の事象が起きないような想定能力の強化です。気づきを得るように包括的なフレームワークで戦略を構築します。シチュエーションアウェアネス(SA、Situation Awareness)を完成させていきます。

 

 と、経営戦略の話にいきなり飛躍するのはどうなの?
機略戦を英文のwikipediaで見ると

Maneuver warfare - Wikipedia

Maneuver warfare, or manoeuvre warfare, is a military strategy

と書かれてるんだけど、その military strategy の定義はコレ。

Military strategy is a set of ideas implemented by military organizations to pursue desired strategic goals. 

military strategyとequivalentなのはせいぜい事業戦略で、経営戦略に釣り合うのはgrand strategyなんじゃないの?
そういう翻訳詐欺のようなことを交えつつ、このアイ&カンパニー・ジャパンさんはステキな記事を大量に書き散らかしている。マジで異次元。
どこまでがFACTでどこからが彼らのファンタジーなのかを識別しつつコンテンツを読み解いていくと、あっというまに時間が溶けてしまう、魔法過ぎるWEBサイト。「驚いたなあ、もう」である。こんなのを公開出来る強い心はどこに行ったら手に入るのだろう。

 

<今回のまとめ>
OODAループは大元の話は大変面白く(ジョン ボイドという発案者自身が非常に良い。ググルとすぐ出てくるから是非見てみよう)、うまく使うと良い事があるだろうとは思う。
でも、その周りを寄生虫や異次元からの使者が取り巻いているので、キーワードだけを投げると多くの人が道に迷うだろう。
であるので、読み解き方の資料とセットじゃないと、とてもじゃないけど社内展開できないな。
暇になったら、ちょっと考えてみようか。さて、暇って何だったっけ?

 

9/10 20周年あれこれ

快晴。ランダムに音楽をかけっぱなしにしながらガレージでエアロバイクなどを解体してたら、

 

世界は1分間に45回転で廻っている 'The World's spinning at 45 r.p.m.'
詞 ⁄ 曲 : 小西康陽

 

が流れてきて、手を止めてしばし聞き入る。

昔は思わなかったけど、これって現実のことじゃないよな、死ぬ間際か、死んじゃった後の、魂の安らぎの曲だよな。ソイレントグリーンで、安楽死をする老人が最後に見る夢(イメージ)のような。そこからランダムプレをとめて、その曲が入ったアルバムであるhappy end of the worldを一枚丸ごと聞き直す。エアロバイクのフライホイールをバラしつつ。

 

ハッピー・エンド・オブ・ザ・ワールド - Wikipedia

 

おやまあ、発売からもう20年なのですね。当時もいろいろありつつ人生を過ごしていたなあと振り返ってみるものの、他人の人生を見るようにしか思えなくなっているのは、生殖活動をする時期が過ぎちゃったからでしょう。Viva老化。
そのころはラヴソングだと思ったものが、20年経つとアルバムのタイトルどおり、世界の終わりの幸福な一断面にしか見えなくなっているというのは、時空を超えた良い体験。小西さんはどんなつもりで名前を決めたのかわかんないけど、すごく腑に落ちてます。worldにendが付いたら、happyかどうかは問題じゃないということなんだな、と。

ところでPizzicato Fiveって、いまCDが手に入りにくいのですね。すごーくもてはやされて、そして顧みられなくなる感じって、ポップアート的で趣があるといえばその通りなんだけど、でもAmazonに残されているレビューが

 

hthttps://www.amazon.co.jp/dp/B071KZZXZMtps://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1Z9744OHN7THN/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B0000070AA

 

だったりするのはやっぱり無残な感じ。なんだこりゃ。


同じ1997年発売で同様にお世話になったアルバム、OKコンピューターが、

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B071KZZXZM

 

と麗々しく20周年記念盤を出してんのを見たりすると、やはり寂しいものがあります。

大胆な引用が災いしてか、リイシューがしづらいのだ、パーフリもだけどなー、みたいな話を耳にしますが、なんとかクリアして是非網羅的に再カタログしてもらいたいものです。ボックスだとなお嬉しい。評価は棺を覆うて定まるものなので、鑑賞に耐える立派な墓を出して欲しいという気分ですね。


ちなみに個人的にhappy end of the worldで一番くるのはporno 3003。まさに愛のテーマ。そうか、20年か。

無常の一形態。

 

9/7 一つ賢くなる : 人工と人造の違い

こないだ行ったトクラスのショールームで、人工大理石とこちらが口にするたびに、応対してくれたショールームのおねえさん(PC絡みについては9/3を参照)がさりげなく、しかし明確な意思を持って、人造大理石と訂正をかぶせてきていた。正確さを追求するのは良い事なのだけど、その熱意の根源は何処なりしやと思わずにはいられない雰囲気があった。それこそ、今日になってもまだ引っかかっている位の。

 

いつまでも歯に物が挟まったような感じでいるのもなんなので、家を出る前にちょっと調べて見たところ、いきなり答えが見つかった。

人工大理石 - Wikipedia

 

すごい事が書いてある。人工大理石は大理石のように見えるだけのもの。人造大理石は大理石の特性を再現した、大理石に見えるもの。そうだったのかー。そりゃ全力でかぶせてくるわ。

「人工大理石だから、ここ熱い鍋とか置いても大丈夫なんですよね?」

「はい、人造大理石だから熱も安心ですよ」

こんな感じの会話が何度か繰り返されたのは、ワタシの無知ゆえです。すいません、そこはかぶせたくなっちゃいますよね。適当な説明しやがって、と後で突っ込まれるのも嫌でしょうし。

などと書くと、そこで人工と人造の違いを説明してくれても良いのではないか、という声が聞こえてきそうだけど、ワタシはそうは思わない。その手の知識説明をされると、バカにされたと思って逆ギレする奴もいるからだ(ああ、もちろんワタシは違いますが)。であるので、気がつく奴は後で調べろ、違和感を感じるくらいには過剰な正確さで説明してやるからよう、という態度は落とし所として大アリなのではないかと思う。

 

おかげで一つ賢くなったよ。

 

 

もちろん、全ての話に落ちはある。9/3と今回の二度にわたって賞揚したトクラスのおねえさんであるが、見積りを取ったユニットバスのモデルが9月いっぱいでディスコンになる事をその場では教えてくれなかったのだ。ついさっき、工務店さん経由でその情報を入手してちょっと愕然とした。すぐに発注を掛けるから良いんだけど、ボクが詳細見積りを貰ってからグルグルするタイプだったらちょっとやばかったかも。

(それでもトクラスのトータル評価は今の所大きくプラス。使ってみるのが楽しみである)

9/6 ダーウィンが来た ー もしかしたらNHKにお金を払うべき唯一の根拠

ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜 - Wikipedia

 

2006年の放送開始以来今年の1月まで、日曜の夜に家にいるときはほぼ確実に見ていた番組。

 

これを見続けると、人間という生きものは、他の生きものとそれほど違っていない事が判ってくる。求愛行動も、生殖も、育児も、生存戦略も。

みんなが自由意志だと思っている事は、実はかなりの部分がプログラムされた…という言い方が嫌なら、持って生まれたものなのだ。

そのことに納得がいってから、ボクは一段と自由になった。君はその事をこの番組から知識として習得しながら育ったから当たり前に思ったかもしれないけど、ここまで網羅的に人間の動物性(正確には動物との連続性)を丁寧に説明されるというのは、なかなかない事なのだ。あれは動物の番組であると同時に、人間の番組なのだ。

NHKで唯一お金を払うべき番組であるとすら思う。実際、それしか見てなかったしね。

 

 

というわけで、いつNHKを解約すべきかが目下の悩みである。そもそも民放見ないし、ダーウィンが来たを見ることが無い今、NHKにも用がないからだ。

さて、どうしたものだろう。

 

 

追記

いや、木曜20時台の時代劇と言うのも大事なポイントだった。一緒にみた「ちかえもん」は良かったね。

こっちの方も、君が居なくなってから、てんで見る気がおきないのだよ。

 

9/5 月の船

なぜだか、でも無いのだが、SFファンジン(マガジンではないよ)のNo.61が手元にあって、そこに夢枕獏さんの特別寄稿が掲載されている。

節分を入れ込んだ二つの句から始まり、除夜の鐘で結ばれる句まで、都合十六の句からなる、月の船と題されたその作品から、二つばかり引用させていただく。

 

節分や飼うておきたき鬼もあり

青き嘘つきたる唇の真紅

 

二番目の句を読み上げる時、我々つまり私と家人なら真紅にクリムゾンと音をつける。二月に我々の元を去ってしまった鬼が、king crimsonに真紅と漢字を当てていたからだ。月の船は、そのように十六の句のそれぞれが、我々の心持ちや息子の影に重なってくる作品だった。何度もなんども読み返して、いろんな事を思い出したり、想像したりして、挙句にやっぱり泣いた。

 

--------

何だかグダグダだね。  まとめよう。書き記しておきたかったことは、こうだ。

 

ボクは何を見ても息子/君に繋げちゃう。それは、世界の一部であった君と、君がいなくなってしまったあとものうのうと存在し続ける世界を紐づけて、君の「存在」を延長し続けるというのがボクの役割だから。

その紐付け先の物色、発掘には余念がないのだけど、新たにその依代になる作品を夢枕獏さんが書かれたよ、ということを残しておきたかったのだ。

 

 

追記

九相図の骨相のような気持ちになる日が来るかは判らないけど、無常はよく判った、ような気がする。可能性があることはいつか、どこかで必ず起きるという確率の暴力と、すべては必ず相を変えていくという無常。この二つで世界ができている。そして世界は人間を取り立てて必要とせず、人間がいなくても続いていく。

だからこそ、人間には世界の非人間性に向かい合うための力が必要だ。それが詩情であり、数学であり、そのほかの意味の構築物だ。そのような訳で、夢枕獏さんの作品に邂逅したのはまことにありがたい事だったのだ。

9/3 ありがたい一日

午前は今秋の自宅リフォームに向けて、水回り設備の詳細チョイスなどのため産業展示館と、その近くのトクラスのショールームに行く。家人と二人きりだと二の足を踏むところなんだけど、今日は心強い味方、T田工務店さんがアテンドしてくださるのでまったくもって安心なのである。ありがたや、ありがたや。

すでにT田工務店さん経由で基本パターンの見積りを取っており、費用の大枠については納得済み。本日は老人対応(我々の近い将来のこと)のための仕様詳細の詰めが目的なのだ。例えば浴室の手すりなんかもエクストラで増設するんだけど、その長さの調整とか。ショールームのおねえさん(とPC的には言っちゃいかんのかね、多分そうだろうな。では何て言えばよいのか。スタッフ?しかしスタッフというのはラインと対になる言葉であって、ようするに元々は軍事用語だ。さてそういうのを日常的につかうのはPC的にはどうなのだろう)も巻き込んで、事細かに注文出しをしていく。


いまのうちに老後の心配を消し込もうと思ってるんですよ、何せ二人っきりの暮らしだから。そのような基本的な考え方を、応接してくれたショールームのおねえさん(PC的には...以下、略)に最初に伝えたんだけど、何を言っているのかしら、という雰囲気となって幾分困った。しかしさすがにプロであって、すぐに雰囲気は回収され、こちらの細かな質問にも的確に答えてくれて、約一時間でキッチン、風呂、洗面台の細目を決定することができたのだった。ありがとう、ショールームのおねえさん(PC...以下、略)、そしてもちろんT田工務店さん。
ちなみになぜショールームのおねえさん(PC...以下、略)が冒頭困った感じになったのか、選んでいる途中で気がついた。我々以外のお客さんは、若くて、これから家を立てるという人達ばかりなのだね。確かに老後の対策に来ました、と朗らかに語られても困るかな、とは思う。その後も、洗面台の引き出しについて「手が震えるようになると、逆手で指をひっかけるタイプの引き出しは使いにくいぜ?順手で捕まえられる、普通の取っ手の方がいいんじゃないか」とか、風呂の扉について「ヘルパーさんも入りやすいように、引き戸一択な」とか、下向きな想像力を発揮しつつ家人と相談を続けたのだけど、それらもみんな普通に接していただきました。金沢のタクラスのショールーム、良い感じですよ。受け答えも明快かつ迅速だし。

見積の再作成をお願いして、うわー、つかれたー、と言ってショールームを出たのが丁度12時。あんなに細かく聞かれるとは思ってなかったんだけど、なるほど確かに選ばなきゃ決まらないですよね。そして、問われることによって我々の物差しがまた一段クリアに判ってきましたよ、というのは強がりではなくてホントの気持ち。何しろ、リフォームに向けて更に歩を前に進められたのです。ありがたや、ありがたや。


そこから家に戻って、シャワーをして、家人とともに柿木畠のもっきりやに。今日は「白井良明 The 打ち上げ」。東京でやっている屋形船でのファンイベントを地方でも、と企画された今回。良明さんのトークと旬菜焼はざまさんのあっと驚く料理。

www.facebook.com

ドリンクも各種フリーで。ワタシャ最初から最後まで白ワインをグビグビ飲んでました。ちなみに何故The 打ち上げかと言えば、白井良明musiclife45周年とmoonridersひとり40周年ツアーの打ち上げということだから(ライブはもうちょっと続きます)。

tonpi.net


ありがたすぎて詳細は内緒だけど、1つだけ自慢を。じゃんけん大会に勝ち抜いて、良明さん自筆の生譜面を頂戴した。最初の3回は理詰めで勝って(いや、ホントに)、最後の1回は気合いと運で勝って手に入れた譜面。友人からあずかっている去年の博文さんの犬マスクと共に、ありがたいお宝として末永く大切にします。その打ち上げの終わり掛けに、KYDさんから某件7時頃に集合とお声がけをいただき、寺町の天空の湯でもう一度汗を落とす。なんとなれば、このあと畏れ多い感じの飲みとなるので、汗っぽいまま行きたくなかったから。
そのように精進潔斎...ってすでに酒は飲んでるな、まあ身を清めて19時から東山の、れのん。何があったか詳細は書けないが、ありがたくも畏れ多い2時間半。夢のような、ということはこういうことかと。KYDさん、ありがとうございます。


そのようにありがとうばかりの一日だったのだけど、もちろんこれにはオチがある。翌朝目が覚めると打ち上げで取ってもらった写真が送られてきていて、そこにはスンゴイ太っている自分が写っていたのだった。太った?それもあるけど、たるんでる感じ。ひとなつ引きこもっているとこうなるのかね。大ショックである。
墓守として息子の墓所を守って行くには、このままじゃちとマズイ。体の再建をせねば。そして来年2月に浅草で有る良明さんのライブを、健康な体で見に行かねば。息子も何度か引き回した浅草だ。一周忌の柱にちょうど良い。おとうちゃんやるよ?!みててくんな!

 

つまり9/3は、まとこにありがたい一日でありましたことよ。