septiembreokbj’s blog

記録と備忘録、および手掛かり。

9/3 ありがたい一日

午前は今秋の自宅リフォームに向けて、水回り設備の詳細チョイスなどのため産業展示館と、その近くのトクラスのショールームに行く。家人と二人きりだと二の足を踏むところなんだけど、今日は心強い味方、T田工務店さんがアテンドしてくださるのでまったくもって安心なのである。ありがたや、ありがたや。

すでにT田工務店さん経由で基本パターンの見積りを取っており、費用の大枠については納得済み。本日は老人対応(我々の近い将来のこと)のための仕様詳細の詰めが目的なのだ。例えば浴室の手すりなんかもエクストラで増設するんだけど、その長さの調整とか。ショールームのおねえさん(とPC的には言っちゃいかんのかね、多分そうだろうな。では何て言えばよいのか。スタッフ?しかしスタッフというのはラインと対になる言葉であって、ようするに元々は軍事用語だ。さてそういうのを日常的につかうのはPC的にはどうなのだろう)も巻き込んで、事細かに注文出しをしていく。


いまのうちに老後の心配を消し込もうと思ってるんですよ、何せ二人っきりの暮らしだから。そのような基本的な考え方を、応接してくれたショールームのおねえさん(PC的には...以下、略)に最初に伝えたんだけど、何を言っているのかしら、という雰囲気となって幾分困った。しかしさすがにプロであって、すぐに雰囲気は回収され、こちらの細かな質問にも的確に答えてくれて、約一時間でキッチン、風呂、洗面台の細目を決定することができたのだった。ありがとう、ショールームのおねえさん(PC...以下、略)、そしてもちろんT田工務店さん。
ちなみになぜショールームのおねえさん(PC...以下、略)が冒頭困った感じになったのか、選んでいる途中で気がついた。我々以外のお客さんは、若くて、これから家を立てるという人達ばかりなのだね。確かに老後の対策に来ました、と朗らかに語られても困るかな、とは思う。その後も、洗面台の引き出しについて「手が震えるようになると、逆手で指をひっかけるタイプの引き出しは使いにくいぜ?順手で捕まえられる、普通の取っ手の方がいいんじゃないか」とか、風呂の扉について「ヘルパーさんも入りやすいように、引き戸一択な」とか、下向きな想像力を発揮しつつ家人と相談を続けたのだけど、それらもみんな普通に接していただきました。金沢のタクラスのショールーム、良い感じですよ。受け答えも明快かつ迅速だし。

見積の再作成をお願いして、うわー、つかれたー、と言ってショールームを出たのが丁度12時。あんなに細かく聞かれるとは思ってなかったんだけど、なるほど確かに選ばなきゃ決まらないですよね。そして、問われることによって我々の物差しがまた一段クリアに判ってきましたよ、というのは強がりではなくてホントの気持ち。何しろ、リフォームに向けて更に歩を前に進められたのです。ありがたや、ありがたや。


そこから家に戻って、シャワーをして、家人とともに柿木畠のもっきりやに。今日は「白井良明 The 打ち上げ」。東京でやっている屋形船でのファンイベントを地方でも、と企画された今回。良明さんのトークと旬菜焼はざまさんのあっと驚く料理。

www.facebook.com

ドリンクも各種フリーで。ワタシャ最初から最後まで白ワインをグビグビ飲んでました。ちなみに何故The 打ち上げかと言えば、白井良明musiclife45周年とmoonridersひとり40周年ツアーの打ち上げということだから(ライブはもうちょっと続きます)。

tonpi.net


ありがたすぎて詳細は内緒だけど、1つだけ自慢を。じゃんけん大会に勝ち抜いて、良明さん自筆の生譜面を頂戴した。最初の3回は理詰めで勝って(いや、ホントに)、最後の1回は気合いと運で勝って手に入れた譜面。友人からあずかっている去年の博文さんの犬マスクと共に、ありがたいお宝として末永く大切にします。その打ち上げの終わり掛けに、KYDさんから某件7時頃に集合とお声がけをいただき、寺町の天空の湯でもう一度汗を落とす。なんとなれば、このあと畏れ多い感じの飲みとなるので、汗っぽいまま行きたくなかったから。
そのように精進潔斎...ってすでに酒は飲んでるな、まあ身を清めて19時から東山の、れのん。何があったか詳細は書けないが、ありがたくも畏れ多い2時間半。夢のような、ということはこういうことかと。KYDさん、ありがとうございます。


そのようにありがとうばかりの一日だったのだけど、もちろんこれにはオチがある。翌朝目が覚めると打ち上げで取ってもらった写真が送られてきていて、そこにはスンゴイ太っている自分が写っていたのだった。太った?それもあるけど、たるんでる感じ。ひとなつ引きこもっているとこうなるのかね。大ショックである。
墓守として息子の墓所を守って行くには、このままじゃちとマズイ。体の再建をせねば。そして来年2月に浅草で有る良明さんのライブを、健康な体で見に行かねば。息子も何度か引き回した浅草だ。一周忌の柱にちょうど良い。おとうちゃんやるよ?!みててくんな!

 

つまり9/3は、まとこにありがたい一日でありましたことよ。