all things must pass

記録と備忘録による自己同一性の維持を目的とするものです。

1/22 sketch of india. セキュリティ編

1/12-1/17のインド(というかデリー)旅行のスケッチを忘れないうちにもう少し残しておく。つまり、常ならざる事だなあと思ったアレコレのメモランダムであり、言い方を変えれば日本との差分ということになる。目からうろこがボロボロと落ちたのだ。

 

まずはセキュリティについて。

 

2008年にムンバイであった同時多発テロ事件からなのか、それともそれ以前からそうなのか、なにしろインドはセキュリティに関して相当に厳しい国だったのだ。

ja.wikipedia.org

 

インディラ・ガンジー国際空港からSaketの宿までメトロで向かったのは既に書いたとおりだ。

septiembreokbj.hatenablog.com

ところでそのエントリで書かなかったことがある。インドのメトロは改札の手前にセキュリティゲートがあり、ボディチェックをされるのだ*1。しかも、手荷物はX線検査装置(だと思う)を別途通すことになる。

パスポートや財布などが入った大事な鞄を一旦手放すことになったときには全身から冷や汗があふれたのだけど、幸いひったくりにあう事はなかった*2。そんな風に先ずは荷物の安全に気を取られてしまったけれども、すぐにセキュリティゲートに立っている治安要員(鉄道警察かな)が拳銃を持っている事の方が重大じゃないかという認識が追いかけてきた。相当に異世界なところに来てしまったのだ。しかもそのセキュリティゲートの向こうには長物*3を抱えたセキュリティ要員が巡回をしているじゃないか。

 

そのボディチェックと手荷物チェックは、インド旅行中の至るところで出会うことになる。

septiembreokbj.hatenablog.comの会場であるモダーンスクールのホール入り口で、そして後日訪れたモダーンスクールの学校正門で、*4

 

septiembreokbj.hatenablog.comで行ったSaketのSELECT CITYWALK(ショッピングモール)の敷地入り口で、

 

ランチを食べに行ったOh! Calcutta*5

www.speciality.co.inが入っているNehru PlaceのAmerican Plazaを囲む鉄柵のゲートで、

 

最終日に訪れた国立博物館

ja.wikipedia.orgの正門で、

 

そして出国の為に入ろうとしたインディラ・ガンジー国際空港ターミナル3建屋のエントランスで*6

 

 

この厳重なセキュリティ、単にテロがあったからだけではないだろうと睨んでいる。なんとなれば、Oh! Calcuttaが入っているAmerican Plazaや国立博物館、そしてモダーンスクール、それらを囲む鉄柵は年期が入っており、昨日今日始めたことだとは思えないからだ。

それは住宅地においても同様で、宿があるSaketのDブロックは(そしてその隣のEブロックも)塀と鉄柵に囲まれていて、何カ所かのゲートからしか出入りができない。しかも23時を過ぎれば、開いているゲートは一カ所になってしまう。さらに、開いているゲートの全てには必ず門番がついていて、夜ならばたき火をしているのだ!*7

つまり、柵で囲ってセキュアなゾーンを作るというのがそもそもインド的な考え方の基本であって、今の日本のようにべたっと何もかもかもがつながっているというのとは根本から違っている。そのベースの上に、テロ対策としてのチェック強化が追加されただけで、そもそもゲートを通るときに識別される・身構えるというのはインドでは当たり前だったのではなかろうか。

 

そういう目で眺めれば、デリーは大小様々な囲いで仕切られているのが判ってくる。ロードサイドのお店とオールドデリーを除けば、その囲いを細胞として街が構成されているように見えてくるじゃないか。

中と外を峻別する文化(というか生活様式)、それを地盤としたうえでのセキュリティのあり方。なるほど、そういう事なのだろうか。

 

次にインドに行くまでに、きちんと調べておかなければね。

 

 

 

*1:だからゲートは男女別になっている

*2:しかし周りを見渡せば、何者も信ぜず自分の身と資産は自分で守ると思っていそうなインドの人々も屈託なく荷物から手を離しているではないか。セキュリティゲートでひったくる、盗むというのはインドにおいてもNG度合いの高い行為なのかもしれない。何しろそこに治安要員がいるのだから、すぐに押さえ込まれてしまいそうではある。とはいえ、その辺りの事情を確認した訳ではないので思い込みは禁物なのだけど

*3:自動小銃

*4:ライブでステージに立った(タブラだから座った)チョウドリーさんに会いに行くという人にくっついて、モダーンスクールの中をうろうろするという貴重な機会を得ることができたのだった。これについては別項で記します。

*5:お店のWEBサイトを探そうとしていたら、懐かしの

en.wikipedia.orgに行き当たってしまい、しばし脱線して中を眺めていると...。なんとサム・シェパードが絡んでいることが判明!チャック・イエーガーがホントにあんなに格好良かったのかは疑わしいが、少なくともサム・シェパードが演じるイエーガーは最高にカッコいい。そうか、サム・シェパードはホントに色々と才能に恵まれてたんだな。R.I.P。

*6:勿論建屋内には、長物を持ったセキュリティ要員がうろうろしているのだった。

*7:到着初日の宿入りが遅れたのはこの囲いとゲートのせいで、それがマップではハッキリ表示されていないためにインド初心者は文字通り右往左往されられたのです。はっ!まさにセキュリティ?

1/16 鬼門はデリー空港

正式名称、インディラ・ガンジー国際空港、ここが今回の旅行でのワーストプレイスだった。

 

面倒なのがウロウロしてるので落ち着いて判断できず、結局メトロに乗ることになった入国時。

あれやこれやを乗り切って通関も済ませ、ラウンジに入る前のほっと一息抜いたタイミングに、免税店の押し売りに足を掴まれる*1出国時。

 

いやね、入国時はインド慣れさせるために敢えて殺菌、清潔化をしないという考えはあるかもしれない。ここでやられるようじゃその先は厳しいぜ、という一周まわった親切心と捉えてもいいかもしれない。

しかし出国時のはホントに分からない。残ってるルピーを全部吐き出せ、と言うのは別に変な話じゃない。でも、押し売りまがいの物売りをおいてるのを容認してると言うのはどういう理屈なのか。

 

でも少しの時間ではあるけどインドに触れてみた身としては、きっと理屈じゃないんだろうな、という気がするのも事実だ。色々あるのは当たり前だ、自分で考えな、当然だろ、という基本線があるのだろう。確かにそう考えないと、貧富の差も、民族の違いも、風土も、歴史もバラバラのインドをまとめていくことはできないのだと思う。全員を救って、平均値を作る事に汲々としてられないのだ。

 

ということで、イラッとしつつも、最後まで一貫してインドだったなあと言う思いでと共に帰途につきます。

 

インディラ・ガンジー国際空港でお土産を買おうという人は、免税店ゾーンはボッタだという事をお忘れなく(そこで買うかどうかはご判断次第)。普通の消え物のお土産なら、その裏の通りの本屋兼お土産物やがイイですぜ。なんと言ってもボッタ店の1/2から1/5の価格です。

買い比べてみた私がいうのだから本当ですよ?

(日本のお土産物の感覚で望んで)3000ルピーくらい無駄にしたのは、ここだけの秘密です。

 

*1:ほとんど詐欺まがいのディスカウント商法とか、よく通関あとのゾーンで商売させてるなと思う。理解しがたい

1/14 ラジニカーント 最新作PETTA を Saket の SELECT CITYWALK で見る

旅行の主たる目的を達したので、あとは流れのままに。

 

ということで、昼間は今逗留しているSaketという街のSELECT CITYWALKという超巨大ショッピングモールに繰り出すことにする。

en.m.wikipedia.org

 

ちなみにDehliとSaketの関係は、前者を東京都だとすると後者は区とみれば良いか。包含関係および面積対比だとそういう気分だろう(但し行政単位はアサインされてないと思う)。なので歩いて移動というのはない。ちょっと行こかとなっても基本はuberでの移動だ。

体験した範囲の交通事情のアレコレは稿を改めるけど、タクシー、ましてやリクシャーなどはネイティブと交渉できる人たちの乗り物であって、お互い拙い英語でやり取りをするならuberに限るとは現地で集合した「インド先輩」の友人の弁で、それについては100%同意。今のところ嫌な思いは一切なし(交通事情が怖いというのは別にして)。uber 以前にインドに来てた人は大変だったろうなと思いますですよ*1

 

ともあれ、そうしてuber を使ってにSELECT CITYWALKに赴いたのは午後の一時。フードコートで本物のミールスを食べ(味は本物、そして塩っぱさも本物…)、そのあと五時間お買い物クエストをモール内で繰り広げる。インドお買い物事情についてはこれまた別途書き残すとして、ここではインド的な接客(と言うか商品プッシュ)のうまさについては我々はもっと真剣に考えるべきだと思うとだけ記しておく*2

 

戦い済んで日が暮れて、こんなに買い物袋を持ったのは(バブル真っ盛り以来の)30年近くぶりだ、と年のバレる(いや、同行者には周知なんですが)感想を述べずにはいられないほどの袋を抱えて撤収。もちろんuberで。

 

そして拠点に戻ってからのおくつろぎタイムに、誰かが爆弾を投げ込んだのでした。せっかくのインドなんだから映画館で映画見たい、と。

拠点すぐそばの映画館ではRobot 2.0をやってる、これはクソ映画らしい、最後近くでラジニカーントがCGで(!)ちょっとだけ出てくるらしい、どうせラジニカーントを見るなら主演最新作がいいんじゃないか。そしてトレイラーをみんなで見る。

en.m.wikipedia.org

全く分からん。これは現物を観るしかないのではないか*3

そのようにして、買い物で壊れたワタクシ共は再びSELECT CITYWALKに赴くことにしたのだった。ラジニカーントの最新作、PETTAを観るために。もちろんuberで。

 

映画の開始は21:50。そして映画の尺は172分。前には他作のトレイラーも商品宣伝も入るだろうし、途中には休憩もある。終わったら一時過ぎるのか…。

気合いを入れて観るしかない。何しろヒンディーonly、英語字幕なし、feel, don’t think じゃなくてfeel and thinkを三時間やるのだから。

 

おお、なるほど、ふむふむ、ほほう、ええっ?、うぉぉ、ははーん、うーむ、いえー。

大体は了解。ストーリー上の枝葉に不明点はいくつかあれど、その大半はラジニカーントの魅力を120%伝えるための演出優先の結果だろうということで、あまり気にしても仕方がないかと思う。

のだけれども、仇を倒した後のどんでん返しのところがよくわかんないのだった。ここは台詞オリエンテッドなシーンだったので。それで戻ってwikipedia を見て、最後の展開を知ることができたのだけど、これって日本的な感覚からするとラジニカーントがブラック化したように見えてしまうのだけど、そこはインド的にはokなのだろうか。インド文化に詳しい人に聞かねばならない宿題が増えてしまった。

 

とはいえsuper star ラジニカーント(自分で名乗ってるのだから)、言葉がわかんなくてもすごく盛り上がる。英語でいいから字幕があればもっとよかった。どこかで字幕付きを再見しようと思う。

それから、義理と、血縁と、それに基づく復讐というのは物語の基本的な仕掛けなんだなあと再確認。復讐譚の魅力というのは確かに抗い難いところがある。

ただ、最近の日本では、義理と、血縁と、復讐の話が極端に減ってきている。これは豊かになった結果として新たな社会がステージに移行しつつあるということなのか、それとも根元的なモチーフを維持できないほど我々は薄くなりつつあるということなのか。

 

結局、日本のことを考えてしまっているのがおかしいね。

 

 

 

*1:空港からの移動にuberを使わなかったことについても別稿で言い訳します。

*2:攻守両面で参考になりました。授業料も払いましたとも。ええ、不満はございませんよ。でもね。

*3:wikipedia で見ると大筋わかっちゃいますな。誰も理性が働いてなかったのですな。バブル的買い物というのは人を馬鹿にするという証左ですな。

1/13 ライブ

これを見るのが今回のデリー行の目的です。

f:id:septiembreokbj:20190114170447j:plain

そこでは

f:id:septiembreokbj:20190114221159j:plain
や、

f:id:septiembreokbj:20190114221236j:plain

という方々のライブパフォーマンスをかぶりつきで観ることができました。
詳しくは日本に戻ってから補足しますが、最高だったことを先ず記しておきます。
ステージに上がられた奏者のお弟子さんの言によれば、「最高レベルの人の、最高の演奏」とのことです。
いい日に巡りあわせたなあ。

1/12 デリー

銀座のデリーではなく、一国の首都のデリーの方(銀座の方は年末に行った)。

インディラガンジー国際空港に昨日の夕方18時について、タクシーがどうにもやばそうなのでメトロを乗り継いで、駅降りた後も迷ってホテルに入ったのは21時ごろ。

それから友達と待ち合わせて、飯食って、寝て、時差ボケで早朝おきて、ネットして、体操して、シャワー浴びて、現在。

 

いろいろと強烈。まずは周りが全部敵にみえる。こっちも鬼のような顔をしてたらしい。隙を見せたらやられる! とか思ってたしね。

そしてメシを食っているときに友人に言われる。いきなりメトロ乗るかね?って。

密室よりはいいじゃない、タクシーの運ちゃんと場合によっては言い争いをするのって、結構しんどいよ。だったら全部自分の責任で乗り切る方がスッキリしてるぜ。

 

とは言え、友人に会うまでにインドの優しさにもふれてはいたのだ。

自分でやったるわ、と乗ったメトロ。その駅を降りた後がホントにいきなりインドの住宅地で、相当ビビり、そして迷った。いざという時にスマホが電波をつかみ損ねる…。とは言えここまで来ちゃったんだからもう引っ込みはつかない。

インドの夜は素直に暗い。その暗い住宅地をうろつき、どう考えてもここの筈なんだがという通りにたどり着くまでに20分。その通りを一往復してまだ見つからず、一回途方に暮れてみるかと思ったそのとき、玄関先に椅子を置いて座っていたおじいさんが、

「one eight two, right?」と声をかけてくれた。そう、それです、その地番です。今までに迷うtourlist を何人か見てきたのかな。

「yes, I’m searching for.」と答えると、

「left side of this street, overthere」とか、そう教えてくれたのでした。Thaaaaaaanks!

お礼を述べて、信じて進んでいくと、地番のプレートと共に確かにホテルがありました。鉄の柵が閉じられ、特に看板に明かりが灯っている訳でもない建物は、信じる力がないと通り過ぎてしまっても何の不思議もない。あのおじいさんがワタシに信じる力をくれたのです。いや、マジで。

 

その後の友人とのメシであったので、ひどい顔だったとしてもおじいさん分はましになってたはずなんですがね。つうことはおじいさん前はもっとひどい顔をしてた訳で、l、それに声をかけてくれたのには本当に頭が下がります。

 

 

 

食事の後、部屋に戻って心拍計をみてみたら、普段の3割り増しで生きてましたよ。

生きてるだけで有酸素運動です。 

数字は正直だなあ。

 

 

続く。

1/6 緊急:いまだ嘗て見たことがない使用許諾 @ mi fit

年末年始のアレコレや、金沢市の市長のアレっぷりについては近いうちに何とか言語化するとして、本日は今書かねばとナラヌことについて、ポイントのみ記す。

 

昨年末にxiaomiの活動量計を買った。amazfit bipという奴だ。

ヴィジュアルはこんな感じ。

「amazfit bip」の画像検索結果

 

重さ32gと軽く、付け心地のよい筐体には、心拍計、万歩計、スポーツ時の活動量計、天気通知、電話とSMSの着信通知、スマホ探知、睡眠の量と質の記録、などの必須機能がもれなく詰め込まれており、しかも一度の充電で45日の稼働できる。ああ、書き漏らしていた、IPX68防水なので、運動のあとにそのままシャワーに入れてしまうのだ。

現時点ではベストのバランス(というか割り切り)だと思う。ゲームができたり、音楽が聴けたりする『スマートウォッチ』は、せめて一ヶ月充電不要になってからbells and whistlesのことを考えるべきだろう。

つまり、ワタシはこれを大いに気に入り、自分が数値化されていくという面白さに夢中になっているのだ。

 

ところで、これを使うには、スマホにHUAMI*1提供の mi fitというアプリが必要になる。

mi fitは日内の心拍数変動や睡眠状態、それに各種スポーツ時の記録を管理するためのアプリで、そのロガーおよび通知装置としてamazfit bipなどを収容・管理する構成になっている。

 

本日残しておきたいのは、そのmi fit の使用許諾(EULA)に対して行われた変更の衝撃だ。まさに、ディープインパクト。いや、異次元インパクトと言うべきか。ちょっと常識で考えられないことがあったのだ。

 

 

最初にインストールしてから一週間後、使用許諾が変わったから再度同意を示せとスマホに通知が表示された。一応本職なので、ざっとでも使用許諾は眺めることにしている。幸いmi fitの使用許諾には、変更箇所をボールドで示すという親切がなされており、変更点は簡単に見つかる。

そして頭を抱えることになったのだった。

5 使用についての指定


5.3
ユーザーは、HAUMI、その関連会社、並びに役員、取締役、従業員および代理人を、あらゆる損害、第三者の請求、行政上の過料、損害及び/又は経費について補償し、防御及び支持するものとします。経費には、合理的な弁護士費用、調査及び証拠収集経費、どのような形態であれユーザーがHuamiのサービスを利用した経費、ユーザーのコンテンツ及び本契約の関連法又は違反行為に対するユーザーの違反に関連して生じた経費を含みます。

 

 

スマホアプリのEULAに書かれること、なのか?

ありえない。

契約自由の原則があるからといって、これをEULAに入れるのはどう考えても無理。しかも、このEULA、裁判は中国でしか受け付けないと言っている。

 

HUAMIは何らかの理由で発狂したのか?それとも、実は日本語へのトランスレートがまずく、原文(や英語版)では違うことを書いているのだろうか?

その可能性を確認するべく、HUAMIのサイトに赴いたのだが、どこを探してもmi fitのEULAが見当たらない。それどころか時折サイトからのレスポンスが止まったりする。うーむ。

 

さて、HUAMIは、センシティブな情報が詰まりまくっているスマホの各種グラントを与えるにふさわしい会社なのだろうか?

 

どうやらそうではなさそうだ、というのが本日緊急に残しておきたいこと。

中国製のHWには色々助けられているし、それなしでやっていくというのはもう考えられないけれど、彼らの行うサービスにのっかろうという日はまだ遠そうだな。こんなのをぶっ込んでくる会社(もしかしたら社会)とは、適切な距離が必要だ。

amazit bipのモノ自体は本当に気に入っているし、安心して使えるのならmi fitの機能に不満はないのだが、根本がずれてそうなのはどうにもならない。

 

うーむ、本当に困るね。

 

 

 

(追記1)

ということで、mi fit を捨てて、有償アプリの「Notify & Fitness for Amazfit」に移行。さっさと逃げるに限る。

 

1/7 さらに追記。

どうも「Notify & Fitness for Amazfit」は自力でペアリングをしない模様。mi fitにペアリングをさせて、その上前をかすめる仕様らしい...。金取っといてそれかよ。

うーん、真面目に解決をせねばならぬ模様。うぬー。

 

 1/14 さらにさらに追記。

「Notify & Fitness for Amazfit」はmi fitがインストールされていなければ、自力で繋ぎに行くことが判明。

なんだけど、ファームのアップデートはオレを使うな、mi fit を使え、文鎮になっても知らないぜ、と宣う。

そして、事実アップデートの途中で固まってしまった!


mi fit を入れ直して、そこからアップデートを掛けることで事なきを得たのだが、これは困る。

終わってすぐにmi fitをアンインストールしたけど、そこで漸く気がついた。mi fitのあのキチガイ条項、使用許諾と全然射程が違う話だけに、使用を辞めても拘束が発生すると主張しそうで怖いじゃないか。

リーガルに相談しようにも、ドキュメントとして存在しない(画面上で、目でみるしかない。しかも、どんどん勝手に変えてくる…)のは大きな手間だ。画面キャプチャーを取るの?

悪意あるなあ、HUAMI。ありえないなあ、中国的リーガルマインド


こんなのが世界のスタンダードになっちゃったら、生きにくくて仕方ねえなあ。


 

(追記2)

本件は逃げ道があった。でも、もし代替策がない場合にはどうするのか?

中国的サービスとの付き合いは、最初に代替策を検討してからというのを徹底しておかなければならぬのだろうか。

残念ながら、多分そうだ。

 

*1:HUAMIとxiaomiの関係は

www.huami-usa.comを参照。

つまり、amazfit bipも、mi fitもHUAMIのOEMである模様。

「理想のコンビって?」、よく考えれば難しい問いだよね

 

 

 

 

ずーっと引っかかっていた事なので、この機会(※)に常々感じている違和感を表明しておこう。

※大量の雑誌スキャンの途中の暇つぶし。

 

 

まず定義。

理想ってこういう事だよね。

kotobank.jp

大辞林 第三版の解説

りそう【理想】

考えうるかぎり最もすばらしい状態。最も望ましい姿。行動の目的となって現実に意味を与える。 ⇔ 現実 「 -の男性」 「 -が高い」
〘哲〙 物や心の最も十全で最高の形態。ふつう現実的具体的なものの対極ないし究極として、知性ないし感情の最高の形態とされる。実現可能な相対的な理想と、到達不可能な絶対的な理想(神・永遠・最高善など)とに区別でき、後者は超越的・規制的なものであり真の理想といえる。 〔英語 idea の訳語。西周にしあまね「利学」(1877年)にあり、哲学用語として西周の造語と考えられる〕

 

だから「理想のコンビ」ってのは、以下のような事になる。

  1. 考えうるかぎりコンビにおける最も素晴らしい状態、最も望ましい姿
  2. コンビの最も十全で最高の形態

さて、お題の『理想のコンビって?』という質問、これって、コンビの本質は何なのかしら、と問われているのとほぼ同義だ。何という難しい問いかけ。

 

もしや、英語の語源通りの使い方をしているのかしら。

en.oxforddictionaries.com

adjective

  • 1 Satisfying one's conception of what is perfect; most suitable.

    ‘the swimming pool is ideal for a quick dip
    ‘this is an ideal opportunity to save money’
  • 2 attributive Existing only in the imagination; desirable or perfect but not likely to become a reality.

    ‘in an ideal world, we might have made a different decision’
     
 

でも1.なのであれば目的語(として示される適用範囲)が必要。適用範囲がない「理想の」は2.の方に流れちゃうわけで、やはり上掲の「理想のコンビ」の解釈に向かってしまう。

 

さて「理想のコンビ」とは?

 

ところが現実には、目的語なしの「理想の」が当たり前のように使われている。しかもかなり羊頭狗肉ぎみに。

すぐに別れてしまう「理想のカップル」、使ったからと言って必ずしも問題が解決しない「理想のソリューション」、ハウスビルダーごとに違ったことを言う「理想の住まい」、トレンドが変わるたびに移ろう「理想の食事」、等々、などなど。

これを見ても判るとおり、日本というのはとても難しい国であり、その国で今現在使われている日本語というのはとても難しい言語です。辞書と異なる、曖昧かつ適当な用法が当たり前のように流通し、それを受けて何事も曖昧かつ適当に進むのですから。

道理でソフトウェアが発展しないわけです。

 

とまれ、「理想のコンビ」。もうちょっとだけ粘ってみよう。

コンビとは二人組のこと。これを上掲の定義に代入すると何か閃かないか?

  1. ' 考えうるかぎり二人組における最も素晴らしい状態、最も望ましい姿
  2. ' 二人組の最も十全で最高の形態

あー、ますますわかんないっすねえ。「コンビに求められる望ましい性質とは何か」とか、「知ってる中で最高のコンビを教えて」とかだったら答えられたのに、日本語の難しさがワタシを拒むのです。

 

結論としては、「理想のコンビって?」...設問がわかんないので答えられません。

 

でも、ラルフとヴァネロペは「素敵なコンビ」だとは思うよ。ホントに面白かったシュガーラッシュを牽引しているのは、この二人の組み合わせだし。

題材込みで、ここ何年かのうちに見たディズニー映画の中でもシュガーラッシュが一番のお気に入り。シュガーラッシュ:オンラインは映画館で見てもいいなあと思ってる。いや、ホントに。

 

そして/でも、ディズニーはそういうシミュラクラが本当に上手。何を見ると人間がどんな反応をするのかというのをある種の力ずくで追い詰めているような感じ。しかも年々精度が上がっているし。いつか人間の感情反応カタログというものが出来るのだとすると、それのオーナーはディズニーだろうね。

 

であるので、「人間は何を見ると『理想のコンビ』と感じるか」という設問だったらディズニーに聴くべきだ。彼らなら、きっと答えてくれるはずだ。

それは次の映画を見ろ、という回答かもしれないけど。